【閉店】ASIAN BOWL 冬蔭激城麺(裏:赤つけ麺)@神田 - 東京ラーメン日和

    【閉店】ASIAN BOWL 冬蔭激城麺(裏:赤つけ麺)@神田 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/JR東日本  »  神田 »  【閉店】ASIAN BOWL 冬蔭激城麺(裏:赤つけ麺)@神田

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【閉店】ASIAN BOWL 冬蔭激城麺(裏:赤つけ麺)@神田

    訪問日2010.3.1

    IMG_1669.jpg

    IMG_1491.jpg

    昼は初訪問。毎週恒例のレポートになりつつあります。食べても食べてもメニューが豊富すぎて。。。

    上の写真が今週の月曜日。下の写真が先週の月曜日です。比較すると一目瞭然。飾られている花の中に、石田純一氏のお名前でお祝いの花が届いています。

    予約時間は12時。12時ジャストで入店と同時に電話が鳴り、その電話に出て会話を始めると、目の前の従業員の話している内容と全く同じ。どうやら、ピッタリの時間に予約確認の電話を入れていただいたようで。

    「こんにちは」とお互い挨拶を交わし、予約席に通されます。この時点では客が4人ぐらいだと記憶しています。

    厨房に入っている二人は変わりませんが、サービスの女性が2人です。夜は、その2人と全く異なる1人がサービスをしていました。

    ●五味融合美彩麺(裏:赤つけ麺)+ デザート 3,000円

    IMG_1672.jpg

    予約時点でオーダーしていたので、私から何もコールせずとも、一人のアーティストのショーの始まりです。

    藤巻氏から麺とスープの両方とも大小変わらずの器で用意してもよいかどうか、その旨の同意を求められます。勿論、同意しました。五味融合美彩麺特有の器であれば、全く問題ありません。

    以前も触れましたが、パッと見てすぐ分かる器の色の差別化はラグジュアリー感を生みだします。

    会話の流れで、つけ麺の仕込みの話題になったところ、通常の赤、ましてや五味融合美彩麺の赤とも若干異なるため、仕込みの手間がいつもよりかかるとのことです。それはたしかにその通りと納得。

    IMG_1670.jpg

    IMG_1673.jpg

    赤に関して言えば、五味融合美彩麺を知ってしまうと、カジュアルメニューには戻れないですよ…。ズルイですね(笑)

    具材が全く異なる訳ですが、それに応じて必然的にヴィジュアルも妖艶に変化します。

    深い緑色で映えていた春菊から、エメラルドグリーンのジュエリーのような光を放つ青パパイヤに変化を遂げることで、淡く落ち着いた色彩が、優しい雰囲気の表情で私に微笑みかけます。

    IMG_1675.jpg

    IMG_1678.jpg

    つけ麺だと麺側の器にこの青パパイヤを置いてくれるので、スープに浸す前にそれだけで食べれるメリットが非常に大きいです。シャキシャキとした歯当たりの感触と音の爽快さに魅せられ、更に柔らかい上品な甘味は筆舌しがたい。

    今では青パパイヤが年間供給できるようになりましたが、元々旬は夏の食材です。扱いやすい食材ですが、ちょっとしたことで品質を落としてしまうこともあります。それが、どっさりと盛られているのは嬉しい限りです。これで、コスト跳ね上がるだろうな。

    IMG_1677.jpg

    麺もしっかりと冷水で締められていて、丁度良い食感です。でも、普通の麺とは微妙に異なる感じ。と思いきや、藤巻氏から「違うでしょう」と突っ込まれました(笑)

    店内の雰囲気や器、サービス、客を大切にする姿勢。ここまでトータルバランスを考慮している職人が、麺をおろそかにするはずはありませんでした。

    IMG_1680.jpg

    カジュアルメニューには登場しない、この海老しんじょうも楽しみの一つ。特に海老が丸ごと入っているわけではないのに、ほっこりとした甘味は、たまらないほど私たちの味覚に媚びてきます。

    IMG_1681.jpg

    〆のご飯をいただき、残りのスープを飲み干す体制に入ります。すると、割り用のスープが入った器を出していただきました。スープを別出しに提供してくれる店は少ないですが、でもそれが自分好みに仕立てられるので本当に嬉しい。

    と言いつつ、そのままテイスティング。灰汁の「あ」の字も感じさせず、クリアでいながらコクがしっかりとある動物系のスープ。

    IMG_1682.jpg

    最後はのんびりデザートを楽しみます。「竹炭のシューとココナッツアイスクリームとの美しき出会い、ストロベリーソースを従えて」とでも命名しておきましょうか(笑)

    デザートを食べながら、経営論等の会話に盛り上がり、店を出るときには1時間を超えていた気が…。少し長居をして申し訳ございません。そして、店を出る直前には出来たばかりの正式な会員証をいただきました。なんと私が第一号ということで! 

    日々のライフスタイルの中で、睡眠や恋愛、家族との大切な時間が大半を占めます。そして、何より働いている時間が一番長いことでしょう。でも、それはおいしい物を食べるために、働いているとも言えるのではないかと。

    誰しもおいしいと思えない料理にペイしたくはないはずです。でも、価格から入ったのであれば、物事の本質を見失います。

    おいしいファストフードが次々に生まれてきていますが、それはそれで楽しみつつも、スローフードのスタイルは今後も確立していきたいと考えています。だからこそ、3,000円という金額はいつもながら安いな~としみじみ思う今日この頃です。

    ご馳走様でした。

    店名:ASIAN BOWL 冬蔭激城麺
    住所:東京都千代田区内神田2-7-2 ラフィネ内神田1F
    営業時間:11:30~14:30 17:30~20:30
    定休日:日曜・祝日


    >>人気飲食店ブログランキングへ

    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/78-e0d7609f

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。