【新店2011】パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン@西荻窪 - 東京ラーメン日和

    【新店2011】パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン@西荻窪 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/JR東日本  »  西荻窪 »  【新店2011】パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン@西荻窪

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【新店2011】パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン@西荻窪

    訪問日2011.7.15

    RIMG8517-1.jpg

    暫く西荻窪に訪れず、その間に素敵なバルや雑貨店などがオープンしていました。大好きな街が更に魅力的な街に変貌を遂げています。

    西荻窪駅のラーメン事情は北口に『たんたん亭@浜田山』の創業者が開いた店『支那そば いしはら』が、南口にタンメンで絶大な支持を得ている人気+行列店『はつね』があります。今回はその『はつね』の近くに出来たばかりの新店を訪問。

    RIMG8516-1.jpg

    自転車でピューと北側から来たのですが、相変わらず坂道の起伏が激しく、かなり体にこたえます。店の前に到着した時点で、一度シャワーを浴びたい状況です。

    到着時刻は13時半ジャスト。『はつね』は炎天下でも行列ができています。勿論、西荻に来た今回の趣旨と異なるのでスルーします。「ラーメンにパイナップル?」や「この店名は…」的な深いツッコミは面倒臭いからしません。

    RIMG8514-1.jpg

    店先にあるメニューの全体像を撮影すると、このような感じになります。引きで撮影しているので、少し文字が判別しづらいかもしれません。

    パイナップル塩ラーメンの横には「塩のがパイン感が強いので…」という但し書きがつけられていますが、基本的にパイナップルが特徴ゆえに、パイン感が強くないと意味がないと思い、パイナップル塩ラーメンを選択しました。

    RIMG8515-1.jpg

    当方の友人の多くは、パイナップルが加熱されて料理に使用されることを受け付けず、また加熱処理されていると、ケーキなどに使用されていても同様です。アップルパイや焼きバナナも好まない人も多いくらいです。

    周囲の少人数が果実の加熱処理を好まないならば、不特定多数に当てはめると、パイナップルにラーメンという発想は多くの方々に拒絶されそうです。そのような状況なので、まずは個人的感想を述べます。

    ※通常は個人的な味の感想を明記しないサイトです

    RIMG8512-1.jpg

    このような雑貨は合羽橋で購入してくるのでしょうか。

    さて、あくまでも個人的な味の感想としては「好み」です。何でも通用する魔法の言葉で置き換えれば、非常に「美味しい」です。味のストライクゾーン真ん中高めを思い切り振りぬき、フェンス直撃のツーベース。食べログなら★4個でしょうか。

    ●パイナップル 塩ラーメン 700円

    RIMG8500-1.jpg

    スープの表面にブクブクとした奇妙な泡が浮かんでいますが、それ以外は食をそそるヴィジュアルです。器からはパイン臭が出ていて、鼻を刺激します。

    RIMG8503-1.jpg

    赤唐辛子に青菜という補色同士の組み合わせは映えます。さすがにパイナップルの補色である藍色はありませんが、入れたら逆にコントラストが強くなり過ぎです。

    RIMG8504-1.jpg

    目をつぶって何も見ずにスープを飲んでも、くっきりとその輪郭を露わにするパイナップルの甘酸っぱい存在。西瓜に塩をかけ、西瓜の果肉の甘味を引き出すのと同様に、塩味がパイナップルの甘味を引き出しています。

    決して嫌みではない甘味がフルーティーという言葉に置き換えられて、ラーメンの中で存在、それを下支えする鶏などの動物系スープも良い仕事をしています。

    RIMG8508-1.jpg

    麺はこの業界を牛耳る三河屋製麺を使用。少しだけウェーブしている中細麺。ソフトな食感ですが、これは茹で加減が要因だと思います。

    特にこれと言った特徴がなく、スープの一部として麺が存在しています。

    RIMG8511-1.jpg

    少し甘く煮込まれたチャーシュー。塩分は控えめです。食感はトロトロというより、歯を入れるとホロっと崩れていくタイプ。厚みがあり、食べ応えはあります。

    RIMG8510-1.jpg

    お待ちかねのパイナップルの説明。5パイン入っていました。スープだけでも十分パイナップルを感じますが、具材としてパイナップルが、前半から後半にかけて甘味と酸味に拍車をかけていました。これ以上入れるとバランスが崩れそうです。

    酢とは全く異なる果実の酸味は、塩のカドを綺麗に取り除き、かつ具としてのパイナップルは芳酵な香りを立て、爽やかな酸味、舌の上でジュワーと上品な甘味が広がります。あとは果肉が温かいという事実。

    RIMG8513-1.jpg

    卓上にはパイン酢を置かれ、セルフで入れることができます。個人的にはデフォのスープが気に入り、それを壊したくない理由から、最後まで入れずに我慢。全ての麺と具を平らげた後にパイン酢を注入。更に円やかな味わいが広がります。

    言い忘れましたが、酢豚のパイナップルは好きです。

    ご馳走様でした。

    店名:パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン
    住所:東京都杉並区西荻南3-12-1
    営業時間:11:00~21:00
    定休日:不定休
    (現在変更の可能性あり)

    面白い記事でしたら、クリックのご協力お願いします。
     

    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    実家に住んでいた頃は吉祥寺~荻窪や久我山へ自転車乗って遊びに行き、ついでにラーメンもよく食べてました。

    さてラーメンの話。
    私も加熱した果物ダメですね。
    私のまわりにも結構多いので厳しいんじゃないの?なんて思ってます。
    嫌いな人は店名だけで寄り付かないでしょうから(笑)

    2011-07-16 10:08 | from ぽっぷ

    ぽっぷさん

    コメントありがとうございます!

    この周辺は雰囲気良いですよね~♪

    加熱した果実は苦手な人が多いというのが、一般的な見解だと思います。
    そうなると店名だけで震えてしまう人もいるのでは?(笑)
    興味本位で食べて残すくらいなら、最初から食べない方が良いかもしれませんね。

    2011-07-17 18:55 | from ホワイトプルメリア

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/579-a9c62d97

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。