【新店2011】Bee Hive@六本木 - 東京ラーメン日和

    【新店2011】Bee Hive@六本木 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/東京メトロ  »  六本木 »  【新店2011】Bee Hive@六本木

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【新店2011】Bee Hive@六本木

    訪問日2011.6.28

    RIMG8330-1.jpg

    この夏から鰻、電気料金などが値上げになり、何といっても我々の関心は本日7月1日から開始される小麦粉の値上げです。パンや麺類には大打撃。

    六本木という大都会に突如現れた迷路というべき道を歩き、店を偶然することができました。辿り着くまでの途中にある公園が一つの目印になることでしょう。

    RIMG8331-1.jpg

    一番目の写真のラブホみたいな外観の真横から店に入るのでは無く、もう1軒隣に店はあります。立て看板が置かれているので、すぐに判明すると思います。

    RIMG8332-1.jpg

    2011年5月23日オープン。千葉県長生郡に本店を構える人気店『Bee Hive』の2号店。ライブハウスが設置されているという異色なラーメン屋。

    店内はライブハウスと言われてもピンとこない造り。だからと言って、六本木に溢れているクラブの雰囲気とも異なります。ちなみに、六本木のクラブで小向美奈子氏とは何度かお会いしたことがあります。どうでも良い話ですが。

    RIMG8347-1.jpg

    12時半頃に入店。カウンター、テーブルを含めて約20席弱ありますが、空席は2、3席程度。デフォのラーメンが850円なので、ラーメンに対して先入観がある人から言えば、決して安価とは言えないでしょう。それでも、大勢の客で賑わっています。

    RIMG8348-1.jpg

    ベースのメニューは塩と醤油の2本だけ。珍しいトッピングも用意されています。

    現在は夏季限定メニューで塩の冷やしも提供されていました。

    RIMG8349-1.jpg

    この日は大変蒸し暑く、ランチビールを飲みたい衝動に駆られましたが、これからの用事を考えてグッと堪えます。

    塩ラーメン"namimori" 850円

    RIMG8334-1.jpg

    一度で提供できるラーメンは3杯の様子。その事実を証明するかのように、4名の団体客に運ばれてきたラーメンは3杯。その後は5分以上してから、残り1名客に1杯のラーメンが運ばれてきました。混雑の際は、少し待つことが想定されます。

    それにしても、綺麗で食をそそり立てるヴィジュアル。夏の今には相応しいほど爽やかで、食卓に彩りを与えます。

    RIMG8338-1.jpg

    スープは薄絹の風合い。この上品な風貌に合わせるように、それを口に含み、せせらぎのような微かな音を立てながら味を…香りをみます。ワインを口の中で空気と絡ませるように舌の上で転がすと、鼻腔にはうっとりする清らかな匂いが抜けます。

    単純に言えば、さっぱりとした塩味となるのですが、繊細な趣向、喉の奥が震えるような感動さえ覚えます。決して旨味が濃厚だとか、インパクトが絶大というわけではないのに、心の奥深くに染み通る味わいです。

    RIMG8337-1.jpg

    新鮮さを物語るように青々としたベビーリーフ。シャキシャキとした食感、爽快な苦味、清々しい口当たりが、スープの品の良い甘味を浮き彫りにさせてくれます。

    RIMG8336-1.jpg

    何物にも染まっていない白髪葱の色。甘味、香り、刺激、全てが豊かで大味ではなく、ふんわりと中央に添えられているだけで、その素朴な色調が実に素敵です。

    RIMG8339-1.jpg

    現在、色々と露呈されてきた原子力発電所の実態。そこから漏れ出した放射性物質問題は未だ解決されていません。そのような中、スピルリナを摂取することで、放射線を浴びた子供の尿中のセシウム137が減少するという報告を受けています。

    話が長くなりましたが、そんなスピルリナを練り込んだストレートの細麺。クロロフィルを含んでいることもあり、色は綺麗なエメラルドグリーン。大して味の変化は見られません。喉をこすっていく摩擦感が良い麺です。

    RIMG8346-1.jpg

    食べ終わる後半になると、スープの温度が下がることで、トリュフの馥郁たる香りがサラリと顔を出す点が素晴らしいです。

    トリュフが全面に出過ぎたらスープは台無しになりそうですが、全く効かないのであれば使用する意味がないわけで、そこの微妙なバランスで成立している加減に思わず笑みがこぼれてしまいます。

    RIMG8344-1.jpg

    三元豚のチャーシュー。肉の中からはトロリとした甘い液体が舌の上で溶け出します。

    RIMG8345-1.jpg

    低温調理法の鶏チャーシュー。淡白さと旨味の濃厚さを併せ持つ独特の美味。

    帰り際の会計時、非常に愛想の良い綺麗な女性スタッフから色々と世間話を切り出されて、完全に有頂天になり店を出ました。食べ歩きは常に新しい発見の連続。今後の新しいラーメンとの出会いを感じさせます。

    ご馳走様でした。

    店名:Bee Hive
    住所:東京都港区六本木7-11-10
    営業時間:11:30~18:00 18:00~ライブ終了まで
    定休日:日曜日
    (現在変更の可能性あり)

    面白い記事でしたら、クリックのご協力お願いします。
     


    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    私にしては珍しく、新店ですが行きましたよ。
    高いレベルでとてもバランスよくまとまっている印象を受けました。
    ただ、家から遠すぎて再訪はいつになるやら…(笑)

    2011-07-01 17:49 | from ぽっぷ

    ぽっぷさん

    コメントありがとうございます!

    新店に駆けつけるのは珍しいですね。
    私は練馬から大江戸線で六本木にアクセスできますが、他には日比谷線ぐらいです。
    両線ともに頻繁に使用することないですから(笑)

    ハイクオリティのラーメンでした~♪

    2011-07-03 08:10 | from ホワイトプルメリア

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/571-e1244727

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。