【新店2011】CHABUYA(ちゃぶ屋)Zutto Branch MACHIDA@町田 - 東京ラーメン日和

    【新店2011】CHABUYA(ちゃぶ屋)Zutto Branch MACHIDA@町田 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/小田急電鉄  »  町田 »  【新店2011】CHABUYA(ちゃぶ屋)Zutto Branch MACHIDA@町田

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【新店2011】CHABUYA(ちゃぶ屋)Zutto Branch MACHIDA@町田

    訪問日2011.6.11

    RIMG8178-1.jpg

    6月10日に帰省。その帰り際、町田で5月末からプレオープンしている『CHABUYA Zutto Branch』の様子を見に行きます。店内はガラガラ。でも、律儀に翌日6月11日のグランドオープンに訪問します。

    すると、整理券を配布するほどの大混雑。その混雑の波に飲まれる前に到着したので、大して待たずに入店。店先にはチンドン屋がいて賑やかです。当日(11日)と12日は先着200名に牡蠣うまみそば醤油味Mサイズが一杯無料。行列の理由の一つが判明です。

    RIMG8205-1.jpg

    町田の地元住民には『いくどん本店』の斜め向かいの場所と言えば、それで説明終了。そうです、とんかつ、ラーメン、定食などの色々なフランチャイズが参入してはすぐに消えていく、店の出入りが激しい場所。鬼門中の鬼門。

    『いくどん』は町田で友人と飲むとき御用達の店。良い意味で価格と味が比例せず、個人的には激安のカシラと豚ホルモンさえあれば、生ビール10杯は軽く飲んでいました。

    RIMG8183-1.jpg

    女性従業員から「牡蠣うまみそば醤油味」のMが、今回の無料対象になるメニューだと説明を受けます。無論、その好意を断る理由などなくオーダーしますが、これは葱さえ乗らない素油そば(具が一切無い)のため、有料でトッピングを付けます。

    トッピングの種類と価格は『ちゃぶ屋』のホームページをご参照下さい。初めから具が乗せられている特製メニューの方がデフォという感じです。850円からになります。

    RIMG8186-1.jpg

    RIMG8190-1.jpg

    スイーツ、アルコールなども用意されています。

    ●牡蠣うまみそば醤油味(M)500円
     + 温玉 80円 + メンマ 70円 + キザミのり 60円


    RIMG8193-1.jpg

    チャーシューが無いと何だか寂しいです…。肉は塩胡椒でマリネして低温調理でじっくりと焼き上げた「塩グリルポーク」が用意されているのですが、300円をケチりました。小さい男です。

    葱をトッピングしていないので、緑色がなく、華やかさに欠けました。

    RIMG8194-1.jpg

    RIMG8196-1.jpg

    大きい赤皿にうず高く盛られる油そば…改め、UMAMISOBA(←森住氏曰く)。

    皿も深くないため、写真の通り、それほど180gという響き以上にボリュームは無い方と言えるでしょう。

    RIMG8200-1.jpg

    『ちゃぶ屋』…森住氏と言えば、イケメンであり自家製麺。麺には蛋白含有率が高い小麦粉を使用しており、北海道・信州・東北産の3種類をブレンドしています。

    その麺の表面はツルツルとした喉越しに、違和感が全くない適度なコシ、そして何といっても香り豊かです。麺を主役にするためには、このUMAMISOBAとしての食べ方が一番適しているのかもしれません。

    RIMG8203-1.jpg

    麺と麺の間に所狭しと入り込んでいる砕かれたナッツ。クランキーのパフのようなサクサクとした食感が、麺の弾力感と交差します。

    ナッツが必要かと問われれば、賛否両論なのかもしれません。タレの風味を邪魔する部分もありますが、逆に香ばしいと言える部分もある意味では表裏一体です。

    RIMG8204-1.jpg

    そして、ようやく和えます。

    牡蠣をダイレクトに感じるのかと思いましたがそうではなく、旨味の面で一役買っています。鰹節の風味が優しく香り、減塩醤油を使用しているのですが、味付けは濃いめに感じました。

    RIMG8202-1.jpg

    温玉をトッピングしていたので、これを崩して絡めたら、塩分が中和されてマイルドになります。

    RIMG8192-2.jpg

    お好みでラー油や酢を加えることも可能。酢は酸味の刺激が弱めです。

    RIMG8182-1.jpg

    コンセプトが少し伝わりにくい店かもしれません。コテコテの油そば愛好家であればハマらないでしょうし、逆に綺麗な味を求める方ならば、ラーメンを選択して油そばに固執しないと思います。油そばを食べ慣れない大半の客は、味とは関係なく、デフォで850円は高いと感じる固定観念があるかもしれません。

    後味に油っぽさや、食べた後のカロリーを気にするような罪悪感が残る油そばではないだけに、女性にターゲットを絞っている印象を受けます。

    完璧な芸術性を求めるなら、中途半端な店の雰囲気やサービスなどのディテールを徹底的に拘り、高級志向で1,500円に価格設定しても良いと思います。ただそのためには、町田のこの区域では難しいでしょう。今回は珍しく辛口で申し訳ございません。

    ご馳走様でした。

    店名:CHABUYA Zutto Branch MACHIDA
    住所:東京都町田市原町田6-15-9 シティシャインビル1F
    営業時間:11:00~23:00(L/O 22:30)
    定休日:無休
    (現在変更の可能性あり)

    面白い記事でしたら、クリックのご協力お願いします。
     


    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    私も今日行こうかと思ったんですが行列している予感がしてやめちゃいました。
    確かにあの場所でやっていくには相当突き抜けた何かがないと難しい気がします。

    2011-06-11 17:26 | from ぽっぷ

    ぽっぷさん

    コメントありがとうございます!

    最初は混雑していなかったのですが、カリヨン広場でのチンドン屋の活動が呼び込んだのでしょう。

    町田はラーメン屋が乱立しているだけに、ネームバリューがあるちゃぶ屋も苦戦すると思います。

    味だけ見れば面白いですが、価格と天秤にかけたとき、
    それに見合った対価もしくはそれ以上と捉える人が、どれだけいるかでしょうね。
    ↑当たり前のことですが(笑)

    おそらく、来週からは落ち着くと思いますよ~♪

    2011-06-12 16:39 | from ホワイトプルメリア

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/559-958c12d5

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。