支那そば きび 神田本店@小川町 - 東京ラーメン日和

    支那そば きび 神田本店@小川町 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/都営地下鉄  »  小川町 »  支那そば きび 神田本店@小川町

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    支那そば きび 神田本店@小川町

    訪問日2011.5.12

    RIMG7591-1.jpg

    まずは言い訳から。最初から店を斜に構えて撮影したかった訳でなく、店先に路上パーキングメーターがあり、そこには業者の車両が駐車していました。そのため、自然とこのような構図になりました。以上、言い訳終了。

    話は変わりますが、来週からベトナムに行きます。フォーを食べます。生春巻きを食べます。そして、戦争証跡博物館に立ち寄り、目を背けたくなるようなものや事実を見てきます。そういう訳で、来週は少しお休みするかもしれません。

    RIMG7592-1.jpg

    13時で先客1名。着席して、メニューを眺めます。

    RIMG7594-1.jpg

    間もなくして、お冷とカリカリ梅2個が提供されます。

    久々の訪問だったので忘れていました。猪口にカリカリ梅を入れるスタイルは今でも続いています。これらはサービスなので、心おきなくいただきましょう。

    ●支那そば(醤油)650円

    RIMG7595-1.jpg

    支那そばは醤油だけでなく、塩も選択可能です。

    クラシカル。この表現がピッタリではないでしょうか。それにしても、デフォのラーメン650円で、麺を覆いつくすほど沢山の具が敷き詰められています。

    RIMG7603-1.jpg

    ラーメンに求めるものは自分にとっての美味しさですが、ブレイクダウンすれば、そこには懐かしさであったり、変わらないものであったり、斬新なものであったりと、人それぞれ求めているものは異なります。

    ここでは、先に挙げた全ての要素が絡み合っているように思えます。飾り気はないけど素直でほっとする醤油味。コクが豊富ですがそれほどしつこくなく、食欲がなくてもこれなら食べれてしまう不思議な魅力。そして、複雑で豊かな味。

    RIMG7605-1.jpg

    軽く縮れた細麺。滑らかな舌触りで、強くなく弱くもない中間のコシ。スープに適度な油があるので、麺がほどよく絡みます。

    RIMG7606-1.jpg

    餡が入っていないワンタンの生地。表面は麺以上にツルツルで、シルクのような舌触り。

    RIMG7609-1.jpg

    シンプルな醤油味を強めに味付けされているチャーシュー。小ぶりですが、赤身部分のもっちりとした弾力感が絶妙です。これが3枚。

    RIMG7597-1.jpg

    やはり食べ終えてみて、「昭和」を感じるのですが「平成」も感じます。味の時間は止まっている印象を受けず、昔の温かみを残しながらも、上品でふっくらとした優しさがラーメンそのものに表現されています。

    土曜日は別ブランドの『土曜の牛の日』として牛骨塩ラーメンを提供している同店。これも近々食べてみたいです。

    ご馳走様でした。

    店名:支那そば きび 神田本店
    住所:東京都千代田区神田小川町1-7 神田小川町ハイツ1階
    営業時間:11:00~22:00
    定休日:土曜日・日曜日・祝日
    (現在変更の可能性あり)

    面白い記事でしたら、クリックのご協力お願いします。
     



    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    懐かしさを感じつつも古くささはないといった感じでしょうかね。
    デフォの650円のラーメンでこの具は立派です。

    ベトナム、気をつけて行ってきてくださいね。

    2011-05-20 14:29 | from ぽっぷ

    ぽっぷさん

    コメントありがとうございます!

    クラシックとモダンという対極の位置関係のものが同居している不思議な感じです。

    デフォでも十分満足というか満腹になる具のレパートリーです。

    ベトナムは初めてなので楽しみながらも、ご忠告通り気をつけて行ってきます~♪

    2011-05-20 16:17 | from ホワイトプルメリア

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/545-e46c5632

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。