【閉店】ASIAN BOWL 冬蔭激城麺(赤)@神田 - 東京ラーメン日和

    【閉店】ASIAN BOWL 冬蔭激城麺(赤)@神田 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/JR東日本  »  神田 »  【閉店】ASIAN BOWL 冬蔭激城麺(赤)@神田

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【閉店】ASIAN BOWL 冬蔭激城麺(赤)@神田

    訪問日2010.2.12

    IMG_1201.jpg

    毎週金曜日、この場所に出現します。嘘…偶然です。

    今度は会員特典を最大利用して予約をとりました。予約時間は18時ですが、15分前に神田駅に到着したので、駅前の"BURGER KING"でコーヒーブレイク。形だけの時間を消化し、店へ向かいます。

    IMG_1219.jpg

    前回と同じ店員の方々が、快くお出迎えをしてくれます。

    「あっ。先日はどうも…。」店主の藤巻氏がようやく覚えてくれたようです。感激して思わず「はい。先週と同じ金曜日の17時半の開店同時に来た者です」と、矢継ぎ早に聞かれてもいないことが口をついて出てきました。

    そして、初訪問のときとは明らかに異なる席に通される予感。白色のシートを通り過ぎると、すりガラスの裏側には赤色のシートが4席、あたかも昔からその場所に固定されていたかのように等間隔で綺麗に並んでいます。一人の女性店員がその赤色のシートを引いて下さり、それに合わせてゆっくりと腰を下ろします。

    すでに、予約なしの食客が白色のシートを少し埋めていましたが、その食客とは、すりガラスを挟んで隔離されているので、気兼ねなく食事に集中できます。そして、藤巻氏から聞かれます。「今日は何にしましょう」、と。

    ●五味融合美彩麺(赤) + デザート 3,000円

    IMG_1203.jpg

    基本、スープや麺は1,500円の赤と全く変わりません。変化を挙げるとするならば、私が気付いた限りでは6点。席、器、具材、デザート、価格。もう一つは、自分自身が決める付加価値。

    前回と同様、おそらくここで意見が真っ二つです。上記の条件の中で、着眼点をどこに当てるかによって、5番目の価格に対する意識が人それぞれ変わってくることでしょう。6番目の付加価値というのは既存のものではなく、自分自身によって生み出されるものでもあり、もしくはそこに初めから存在しないものでもあると思います。

    私は1番目の席と3番目の具材に目を向けます。

    1,500円のときには無かった、最高の空間と具材の変更によるカオス。結論として、これだけで3,000円以上の価値があると私は考えます。デザートは「しるし」で存在するべきものであり、その分は+αです。

    IMG_1209.jpg

    IMG_1211.jpg

    スープは野菜を長時間漬けて丁寧に発酵させたような上品な酸味、ラディッシュのようなの爽快な苦味、デリケートで自然な甘味、中盤を過ぎる頃から激しく効いてくる辛味、素材の持ち味を生かす適度な塩味。たしかに、五味が融合している贅沢で粋な一品。妙味必淡の味わいを堪能できます。

    加水率の少ない麺がスープをよく吸い、麺にも五味が移ります。スープを飲まずしても全身から汗が吹き出し、そんなことはお構いなしで夢中でむさぼります。

    1時間くらい、ゆっくりと時間をかけて食事を堪能しようと考えていたのですが、デザートを食べ終えたときの時刻は18時30分。それだけ夢中だったのでしょう。体全体がこれを欲しがっていたかのように。

    IMG_1208.jpg

    IMG_1212.jpg

    混沌としていて複雑で豊かな味を作り出す具材の数々は、素晴らしいの一言。今度は目玉焼きが姿を消し、青パパイヤや海老しんじょうが登場して、オールスターが復活。特に青パパイヤの食感は筆舌しがたい食感と甘味です。

    やはりこうでなくては。

    食感と甘味が変わるだけで、1,500円のときとは別の料理に見事なまでに変貌を遂げます。前回も主張していた通り、目玉焼きは無い方が味に締りが出ます。

    IMG_1215.jpg

    IMG_1216.jpg

    麺が入っている丼に集中していると、ついついスープを飲みすぎるきらいがあります。しっかりとスープを残しておかないと、あやうくリゾットを作り忘れてしまいそうです。

    今度は藤巻氏からオペレーションを受けませんでしたが、流れ作業のように正確にスープを5杯かけて、しっかりとかきまぜてからいただきます。旨くないはずがありません。残ったスープも全て飲み干します。

    IMG_1218.jpg

    デザート。丁度良いタイミングで出てきます。フレンチでギャルソンが自然なリズムで皿出しをするかのように。

    竹炭の真っ黒なシューの中に、ココナッツのアイスクリームが入っています。周りはストロベリーソースで彩られ、ここでも激城カラーの「赤」「黒」「白」が施されています。あたかも、すぐ気付いたようなコメントですが、写真を見ながらこの文章を書いている途中で気づきました。


    さて、話を最初に戻します。1,500円と3,000円は具材は違えど、スープや麺の内容は同じです。勿論、具材の変更により、スープの吸着度が異なるのでその分の誤差は生じます。

    それでも、食べる価値があるのかと問われれば、私はあると回答します。味は勿論のこと、着眼点として重要性の低い器なども加味した上で、マクロ的に見るとラグジュアリーという満足感を得ることができます。

    そして、最終的に自分自身が決める付加価値というところに、ようやく辿り着くことができます。私にとってのそれは、「非日常的空間というサービス」と「他では決して味わうことのできない料理」をいただいたことです。これ以上述べると野暮になるのでこの辺で。

    ご馳走様でした。

    店名:ASIAN BOWL 冬蔭激城麺
    住所:東京都千代田区内神田2-7-2 ラフィネ内神田1F
    営業時間:11:30~14:30 17:30~20:30
    定休日:日曜・祝日


    >>人気飲食店ブログランキングへ

    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    No title

    こんばんわ

    再び神田の冬蔭激城麺ですね

    美彩麺というだけあって美しいですね
    なんか惹かれるような色合いです

    藤巻氏のお店のメニューは系列店も含め
    ビジュアルが素晴らしいですよね
    そこはやはり王宮食堂で働いていた一流シェフの証でしょうか

    ラーメン好きとしてもあるいは美味いものが食べたい人間としても
    いつかは行ってみたいものです。

    2010-02-13 20:16 | from マイノD

    五味融合美彩麺ウマイ

    会員証GETおめでとうございます!
    次回は白ですね!その次は俺の最大のお奨めである黄色を是非!!

    2010-02-14 05:10 | from nwo

    マイノDさん

    コメントありがとうございます。

    そうです。即、再訪してきました♪
    美しいからこそ、美しく撮らないと失礼になるので大変です(笑)

    マイノDさんも美味しいもの好きですから、気に入られるかと思います!

    2010-02-14 16:36 | from ホワイトプルメリア

    nwoさん

    コメントありがとうございます。

    五味融合美彩麺はやはり美味しいです♪
    白は池尻時代に食べたことがあるので、次は黄色にトライしたいですね~。

    色々とご教示ありがとうございました!

    2010-02-14 16:38 | from ホワイトプルメリア

    No title

    先日はブログへのコメント、有難うございました。

    これが予約しないと食べられないメニューですか???

    3000円、一度は食べてみたいです。

    2010-02-23 23:11 | from 静岡人

    静岡人さん

    コメントありがとうございます!

    これは予約をしないと食べることができません。
    五味融合美彩麺も赤、黒、白がベースになります。
    裏メニューの色をいくつか知っていれば、それもオーダー可能です。

    結構通いつめても、少しずつしか教えてくれません(笑)
    藤巻氏が「そうしないと飽きるでしょ」と言われました。

    王道ですが、五味融合美彩麺の赤は必見ですよ。青パパイヤは絶品です。
    デザートに付加価値を求めなくても、本体を味わうだけでも3千円ペイする価値はあると思います。

    2010-02-23 23:46 | from ホワイトプルメリア

    No title

    明日行って来ます。

    一般席と迷いましたが、

    こちらのブログを読ませていただき

    思わず予約をしてしまいました!

    ちょうど1年前、中目黒店には行ったことあったのですが、

    なかなか再訪できず・・

    念願がもうすぐ叶います。

    明日、赤を食そうと思ってますが

    白がずっと気になってます。



    2010-02-24 23:00 | from ピーチ | Edit

    ピーチさん

    コメントをありがとうございます。

    ブログの中でも記述している通り、個人の見方によっては価格相応と思えないかもしれませんので。

    でも、念願が叶ったことは何よりです♪
    赤いシートに座ると、何気に優越感に浸れますよ(笑)
    白も美味。ただ、白であればカジュアルメニューの方がよいかもしれません。

    ちなみに私は来週の月曜日、リザーブしています。そこでは新作の裏メニューを食べてきます!

    そのレポートは後日UPしますので、またご覧ください。

    お気をつけていってらっしゃいませ!

    2010-02-25 00:29 | from ホワイトプルメリア

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/54-dd052c67

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。