焼豚ソバ 黒ナベ(焼豚ソバ)@東池袋 - 東京ラーメン日和

    焼豚ソバ 黒ナベ(焼豚ソバ)@東池袋 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/東京メトロ  »  東池袋 »  焼豚ソバ 黒ナベ(焼豚ソバ)@東池袋

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    焼豚ソバ 黒ナベ(焼豚ソバ)@東池袋

    訪問日2011.1.18

    RIMG6068-1.jpg

    ここで、当ブログに届いた一通のお便りを紹介します。「東京ラーメン日和さまの情報。とっても楽しかったです。」(一部抜粋)。Q.自慢ですか? A.はい。

    いえ、そうでなはく(自慢ではありませんが、正直嬉しいです)、重要な部分はご自身の推奨する店をご紹介いただきました。それが何より大変嬉しいです。

    今回は以前から訪問したいと考慮していた店なだけに、店の存在や味のスタンスは頭に大体入っていました。しかし、メールに味の詳細を明記されていたので、イメージがより膨らみ、更に訪問意欲が増しました。

    RIMG6071-1.jpg

    今日の訪問店の近所には、名店『東池袋大勝軒』が立地しています。写真向かって左奥には、ラーメン界の人間国宝と言うべき存在の「山岸一雄」氏の姿を発見しました。

    写真では見切れ、足しか写っていませんが、黄色の枠組みで囲っています。幾ら日中とはいえ、この寒空の下、山岸氏自ら店頭に腰掛け、訪問する客に愛想良く挨拶をされていました。これが根強い人気の秘訣なのでしょう。くれぐれもご自愛ください。

    RIMG6067-1.jpg

    「おやおや、ホワイトプルメリアさん、今日はどちらへ~?」という滝口順平さんの口調から始まる「ぶらり途中下車の旅」を思わせる光景です。

    写真は都電荒川線東池袋四丁目駅。店は有楽町線東池袋駅出口からも近距離です。

    RIMG6070-1.jpg

    13時過ぎでしたが、カウンター6席しか無いこともあり、店内は満席状態。店外にも先客2名の待ちです。その待ち席なのか、テラス席なのか不明ですが、テーブル1卓と丸椅子3脚。取り敢えず、その1席に腰掛けて待ちます。

    ほどなくして食事を終えた方が一人店から出てきましたが、先客2名の方々はご一緒という希望なため、「お先にどうぞ」という申し出を受けます。そして、遠慮なく先に入店させていただきました。この場を借りて、再度お礼申し上げます。

    ●焼豚ソバ 800円

    RIMG6058-1.jpg

    店内に入ると同時に、一瞬にして眼鏡(実は、眼鏡を多用しています。)が曇り、前が全く見えません。相当な熱気と豚骨臭ならぬ醤油臭です。裸眼で0.6はあるので、眼鏡を外して撮影します。

    20年間フレンチの業界に携わり、その腕を磨いた店主の作るラーメンに、食べる前から大変興味を持ちます。

    RIMG6059-1.jpg

    RIMG6061-1.jpg

    」。ヴィジュアルや味も富山ブラックインスパイア。塩分濃度が高いスープ。ただ、とても病みつき…中毒性があります。

    醤油と黒胡椒のインパクトが強く、そこだけに目を奪われがちですが、何気に臭みやしつこさが無く、醤油の裏側で感じる鶏ガラの動物系スープが味をまろやかにしています。

    RIMG6060-1.jpg

    この咽せ返るのような黒胡椒の食をそそる風味もポイントの一つ。これだけの量が入れられていますが、黒胡椒だけの風味でラーメンが支配されていません。

    塩分濃度が高いと感じたのに、カドが無い塩辛さで、その醤油の奥には甘味さえ感じます。そして、後半になるにしたがって、ファーストインパクトの強いイメージが払拭され、旨味が増し、不思議と丁度良い塩梅のスープに変化します。

    RIMG6064-1.jpg

    浅草開花楼の特注麺。かなり捻じれている太麺を啜ると、チュルンと音を立て、小気味よく口の中に吸い込まれます。そして、口の中で麺が暴れ出す感覚が非常に面白いです。

    この醤油スープに負けないための、最も適した麺を使用している印象を受けました。

    RIMG6066-1.jpg

    チャーシューはランダムの大きさでカットされていて、無造作に大量放り込まれていますが、どれもが味わい深く、スープの旨味を吸い、スープに旨味を放出しています。

    別メニューで用意されている限定20食の「謎の白ナベ」も気になります。このクオリティであれば、他のメニューも制覇したい欲求に駆られます。ただ、ラーメンの中でも、かなり好き嫌い分かれそうな部類だと思います。

    ご馳走様でした。

    店名:焼豚ソバ 黒ナベ
    住所:東京都豊島区南池袋2-41-21
    営業時間:(月〜金曜日)11:30~15:00 19:00~23:30
         (土・祝日) 12:00~15:00 18:00~22:00
         (日曜日)  12:00〜16:00
    定休日:不定休
    (現在変更の可能性あり)

    面白い記事でしたら、クリックのご協力お願いします。
     


    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    かなりくせが強そうなラーメンですね。
    見た目はかなり塩っぱそうですがレポを見るかぎりよくまとまっている感じがします。

    2011-01-19 19:08 | from ぽっぷ

    ぽっぷさん

    コメントありがとうございます!

    クセや特徴は明らかにあります。
    だからこそ、飽和状態のラーメン界の中で、面白い味だと思います。

    見た目だけでなく、飲んでみると例外なく塩辛いですよ(笑)
    ただ、単に塩辛いだけで終わるのではなく、食べ進めて行くにつれ、
    不思議とまとまっていくような印象を受けました~♪

    2011-01-19 23:58 | from ホワイトプルメリア

    僕は大好きなんです。

    食べログで口コミを書いているみうたんパパと申します。
    ここで夜だけやっているつけ麺がこれまた独特の濃さで旨いんですっ!!
    ……なかなか褒めてくれる人が周りにいなかったので嬉しいです(笑)。

    2011-01-29 20:42 | from みうたんパパ | Edit

    みうたんパパさん

    コメントありがとうございます!

    食べログで、みうたんパパさんの枠は、良く拝見させていただいておりますよ~♪
    とても分かりやすくて大好きです!

    夜のつけ麺情報ありがとうございます。
    早速、食べに行きますね~。

    2011-01-30 14:31 | from ホワイトプルメリア

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/465-804a8b0d

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。