町田汁場 しおらーめん進化(煮干塩鶏チャーシュー)@町田 - 東京ラーメン日和

    町田汁場 しおらーめん進化(煮干塩鶏チャーシュー)@町田 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/小田急電鉄  »  町田 »  町田汁場 しおらーめん進化(煮干塩鶏チャーシュー)@町田

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    町田汁場 しおらーめん進化(煮干塩鶏チャーシュー)@町田

    訪問日2011.1.3

    RIMG5683-1.jpg

    新年初ラーメンは、昨年と同じく1月3日に同店でいただきました。この店と『白河手打ち中華そば 一番いちばん』は期待を裏切ることなく、年始早々営業しています。

    店内に貼り出されている年末年始の営業予定には、年末は31日の昼営業まで、年始は2日の昼営業からスタートと明記されています。ラーメンLOVE精神ですね。

    RIMG5684-1.jpg

    帰り道、『白河手打ち中華そば 一番いちばん』との連食を考えていたのですが、行列ができていたので回避しました。そして、更なる帰り道、『ラーメンおやじ 町田店』の前を通過したら、上写真のような行列です。正月早々並ぶ気にはなれず…。

    RIMG5682-1.jpg

    『町田汁場 しおらーめん進化』に到着すると、全く行列がなく、すんなりと入店。そして着席。年始の営業日は不安要素の一つで、駅から遠距離となれば、地元以外の人が訪問するのは少しハイリスクでしょうか。

    それでも、当方が着席してから間もなく、カウンター全席と待ち席は埋まり、最終的には行列ができました。前回は「鶏チャーシューしお」をオーダーしたので、この日の狙いは煮干塩。それにしても、1年前の写真のレベルは酷いなと改めて実感しました。

    ●煮干塩鶏チャーシュー 950円

    RIMG5668-1.jpg

    毎回、事前に撮影許可を得るのですが、その回答が多種多様です。拒否されたことや、嫌な顔をされたことは一度も無く、基本的に快諾してくれます。ただ、まれに返答に困る回答をされることがあります。「よろしくお願いします」と笑顔で言われることです。

    結構、この手の回答は多く、このときは「綺麗に撮影させていただきますので、こちらこそよろしくお願いします。」と良く分からない返答をしている自分が居ました。

    気付けば、ここまで全く味の話をしていません。本格的にリポートします。

    RIMG5675-1.jpg

    メニュー名に嘘偽り無く、煮干が堪能できます。

    煮干は繊細でいながら、主張も失わない素晴らしい存在感。主役がその煮干であり、塩でもあります。このWキャストが主演を務めながら、お互いの存在を尊重し合う名脇役も兼務します。そんなスープを思わず手放しで褒めます。

    RIMG5674-1.jpg

    シャボン玉のように綺麗な油が浮かぶスープは、温かい匂いがして、煮干の出汁が染み込み、じわりと舌に絡みついてきます。

    品の良い塩の甘味は禅味を帯びています。

    RIMG5670-1.jpg

    ラーメンにホースラディッシュ?! そんな固定概念を覆す試みは大好きです。

    単独で味わうと、和山葵とはまた異なるツンとしたさわやかな辛味。風味が強めなので、スープの中で溶かすとバランスが崩れると思い、最初はレンゲの上だけで楽しみます。

    やはり予想通り、スープには入れない方が良いです。ホースラディッシュをローストビーフに付ける王道の食べ方のように、鶏チャーシューに付けて味わえば、そのピリッとしたアクセントが、鶏肉を一層美味しく引き立てます。

    RIMG5679-1.jpg

    ストレートの中細麺。パサパサした食感です。

    白い綺麗な麺の中には、所々に全粒粉のホシが見られます。むせかえるような濃厚な小麦粉の風味は、喉元をスルリとすり抜けても残ります。

    RIMG5672-1.jpg

    玉葱の辛味が適度に抜けているので、具としてスープのバランスを崩さず、口中をフレッシュにしてくれます。

    RIMG5680-1.jpg

    この鶏チャーシューには筋という概念はなく、肉は締まっていて、丁度良い加減で歯を押し返す弾力感が何とも言えません。

    そして、肉の味を最大限を生かすように薄味で調えられています。

    今年も食べ歩きならぬ、食べ走りする予定です。

    ご馳走様でした。

    店名:町田汁場 しおらーめん進化
    住所:東京都町田市森野3-18-17 ウイング森野103
    営業時間:(平日・土曜日)11:00~15:00 18:00~売り切れ次第終了
         (日曜・祝日)11:00~18:00
    定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
    (現在変更の可能性あり)

    面白い記事でしたら、クリックのご協力お願いします。
    FC2ブログランキングへ

    こちらもお願いします。

    (上記のバナーはお持ち帰り自由です!)


    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    私個人の考えとしては携帯での写メはいいとして、カメラを使っての撮影は許可をとるのがマナーだと思っています。

    ラーメンにホースラディッシュ、考えたこともなかったですね。
    味の強い豚ではなく、鶏チャーシューだからこそ合うんでしょうね。

    2011-01-05 06:31 | from ぽっぷ

    ぽっぷさん

    コメントありがとうございます!

    「思想または感情を創作的に表現したもの」が著作権の考え方なので、
    食べ物は著作権に該当されないであろうと解釈され、著作権侵害と認められないことでしょう。
    むしろ、撮影後の写真の所有者に、ラーメンの写真の著作権が発生するのだから不思議なものです。

    ラーメンを撮影しても問題は無いということになりますが、
    倫理的な意味合いを含めて、撮影許可を得るようにしているのが個人的な見解ですね~。


    私も「ラーメンにホースラディッシュ?!」と思いましたが、
    よくよく考えてみれば、ラーメン全体ではなく、鶏チャーシューに対してなのかもしれません。
    たしかに、味の強い豚でないのはポイントの一つであると考えられますね。

    2011-01-05 09:01 | from ホワイトプルメリア

    私も

    許可を得て、撮影するようにしています。
    始めの頃はササッと撮っちゃえば大丈夫、みたいな勝手な思い込みで伺いも立てずに撮影していましたが、ホワイトプルメリアさんのブログを読むようになり、考えを改め、必ず許可を頂いてから撮影するようになりました。
    ありがとうございました。

    この鶏チャーシューはめっちゃ美味しそうですね!
    町田じゃなきゃ、すぐにでも行くのに…

    遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

    2011-01-05 09:10 | from ゼブ☆ラー

    ゼブ☆ラーさん

    コメントありがとうございます!

    >許可を得て、撮影するようにしています。
    その方が無難だと思います~。
    一声掛けて、「駄目です」とおっしゃった方にお会いしたことが無いですからね。
    ビクビクしながら、コソコソ撮影するのは嫌なので、
    怖そうな店主だとしても、面と向かって初めから許諾しています(笑)

    私は全く音が鳴らないタイプのカメラを所持しているのですが、
    一応隣のお客さんにも一声掛けたりしています~。


    普段はチャーシューをトッピングとかしないのですが、
    この店ではついつい鶏チャーシューを追加します。

    町田が遠い場所にお住まいでしたか…。
    結構、有名店が多いエリアなので、たまに足を運ぶ程度では、色々な店を食べ切れないですよね。

    こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    2011-01-05 11:24 | from ホワイトプルメリア

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/447-4f0ab8bf

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。