ラーメン専門 くぼ田@西武柳沢 - 東京ラーメン日和

    ラーメン専門 くぼ田@西武柳沢 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/西武鉄道  »  西武柳沢 »  ラーメン専門 くぼ田@西武柳沢

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ラーメン専門 くぼ田@西武柳沢

    訪問日2010.2.3

    IMG_1117.jpg

    西武柳沢。初めてこの地に足を踏み入れました。駅前にある短い商店街を抜け、右折したら直進します。

    IMG_1120.jpg

    富士街道の交差点まで進めば、すぐに店を発見できるだろうと、高をくくっていましたが、普通に発見することができません。交差点の表記名(西武柳沢駅東)を覚えておいたので、この辺に間違いないはずですが。

    その五差路の交差点で、グルグルと怪しい動きをしながら、それらしき看板を探します。

    IMG_1104.jpg

    発見しました。五差路の交差点で、路地裏のような非常に細い道が一本あります。その先は行き止まりですが、その途中に見える『ラーメン専門 くぼ田』の文字。

    冗談を抜きにして、日本酒の「久保田」を掲げている居酒屋の看板かと思いました。しかも、築何十年も経っているような、年季の入っている一軒家にしか見えませんから。創業2003年の店とは思えない風貌です。

    11時半からの営業。到着時刻は11時50分頃。店を取り囲む静まり返った雰囲気と、物音ひとつしない店からは、営業中であることを全く感じさせません。一応暖簾も出ているので、大丈夫だと自分に信じ込ませ、勢い良く入店します。

    カウンター5席。予想通り、食客は一人もいません。店主が一人厨房で座りながら、新聞を読んでいます。物静かな雰囲気の店内にいるのは、その店主と当方の二人だけ。それはどんなことをしても、曲げることのできない事実。当方が少し躊躇しているところを見計らい、店主が一言「いらっしゃいませ。お好きなところに」。

    IMG_1119.jpg

    店内にあるメニューを見ます。シンプル。「ラーメンをお願いします」と注文して、ハンガーにジャケットとコートをかけます。

    その後は次々と席が埋まり、結局ラーメンが来るまでに満席状態。遂には中に入れず、外にまで行列ができています。紙一重。

    ●ラーメン 700円

    IMG_1109.jpg

    雑誌などの掲載写真を見て、そのラーメン屋に訪問すると、ヴィジュアルが同じということは少ないですが、この店では寸分違わず一緒。全体を包み込むような温雅な風格を見せます。

    IMG_1111.jpg

    精選を繰り返し、確かな技術で纏め上げて完成されたラーメンからは、ふんわりと優しい煮干しと柚子の香りが鼻腔をくすぐります。

    IMG_1110.jpg

    「おいしい」。この文字は文中では敢えて使用せず、そのおいしさを表現しようと試みています。「おいしい」と述べてしまえば、そのあとに続く全ての表現が、その「おいしい」という言葉に包み、飲み込まれてしまい、意味を持たなくなるからです。

    IMG_1112.jpg

    でも、「おいしい」。そう表現する私は、初志貫徹になれず失格です。どうしても、最初に思い浮かぶ言葉が、それしか出てきません。このときには、すでに『くぼ田』のラーメンの持つ魅力という見えない引力に、確実に引き寄せられていました。

    見た目のすっきりとした美しさといい、味の美しさといい、それらが比例しており、間然するところのない絶品さ。シンプルだけど豊かで、その豊かさの裏には、ゲンコツ、鶏ガラの動物系、煮干し、焼きアゴ、秋刀魚節などの魚介系、干し海老が含まれた海老油、注文が入ってから切る葱など、一つ一つ挙げていけばキリがないほどの取り合わせの妙、そして味の妙が憎い。

    IMG_1115.jpg

    IMG_1114.jpg

    ツルッ、ツルッ、ツルルルッとワルツの三拍子とも思えるような動作で、喉越しの良いストレートの麺を啜ると、その感覚はまるで滑らかな肌のよう。その滑らかな麺を、優しくつつみこむ薄絹の風合いでまとっている熱々のスープもまた、同時に啜ることになるのですが、火傷などお構いなしで、半狂乱になりながら夢中でむさぼります。

    IMG_1116.jpg

    気付くと丼を両手で抱えてスープを飲み干していました。塩分を気にしている私としては、全くと言ってよいほど行わない光景です。そこには、決してスープの一滴も無駄にできない気持ちがありました。

    高級な素材を仕入れて、味付けを行い、その旨さを「どうだ」と言わんばかりに、力でねじ伏せる旨味ではなく、あくまでも店主が色々な素材を鍋に入れ、素材同士が対話できる場所を提供して、その素材の背中をそっと押す程度の優しさだけで生み出された旨味。

    いつでも真摯な態度でラーメン作りに取り組んでいる店主だからこそ、全ての素材の良さを知り尽くしているのでしょう。こういう人を職人と呼ぶのだろうと、ふと感じました。

    こういう幸せの一杯に出会いたいがために、常に、そしてこれからも、ラーメンを食べ続けているのかもしれません。

    ご馳走様でした。FC2 Blog Ranking(レストラン・飲食店)へ

    店名:ラーメン専門 くぼ田
    住所:東京都西東京市保谷町3-8-8
    営業時間:11:30~14:30 17:30~20:30(スープがなくなり次第終了)
    定休日:火曜日、第3月曜日(祝日の場合は翌日)
    (現在変更の可能性あり)

    >>人気飲食店ブログランキングへ



    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    TBどもです~♪

    おお~っくぼ田っ!久しく行けていません…(T-T)
    ここは良いですよね。ラーメンはもちろん店主さんやお店の雰囲気も好きです…(^^)v

    2010-02-03 20:18 | from FILE | Edit

    FILEさん

    コメントありがとうございました!

    いや~なかなかアクセスしにくい場所だったので、いつも後回しにしていました。
    独特の店主と店の雰囲気は何だかいいですよね~♪
    今度は塩を試してみたいです!

    2010-02-04 08:55 | from ホワイトプルメリア(管理人)

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/40-01ea007c

    ラーメン専門くぼ田@西武柳沢 19:45

    [07年365杯目] 基本的に休みはありません…私。正月とGWぐらいはちょっと休みますけど…。極力日曜の夜だけは自宅で食べるようにしています。が、なんか最近、事務所近場のラー食ばかりでストレスたまってるなぁ…ってなワケで帰宅時、西武新宿線自宅下車駅をスルーし?...

    2010-02-03 20:17 | from FILEのラーメンファイル

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。