麺匠 ヒムロク@田無 - 東京ラーメン日和

    麺匠 ヒムロク@田無 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/西武鉄道  »  田無 »  麺匠 ヒムロク@田無

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    麺匠 ヒムロク@田無

    訪問日2010.6.25

    RIMG1778-1.jpg

    この店ではラーメンを食べるべきか、つけ麺を食べるべきか、非常に迷います。。。

    店主が「氷室京介」の大ファンで「ヒムロク(ヒムロック)」らしい。大した問題では無いですが、店内のBGMは「Mr.Children」でした。おそらく、有線放送でしょう。


    RIMG1780-1.jpg

    池袋の名店『BASSO ドリルマン』出身の店主。

    この店にも自転車で訪問しましたが、途中『ラーメン専門店 くぼ田』の側を通るので、誘惑に駆られましたが、そこは何とか思いとどまります。

    RIMG1781-1.jpg

    カウンターが7席だけであり、昼営業のみということも関係しているのでしょう。カウンター後ろのウェイティングの椅子も客でビッシリ埋まっています。

    客が食べ終え、店を後にしていくのにも関わらず、待っている客は微動だにしません。『六厘舎』のような入れ替え制?と思いきや、突然店主が座る指示を出します。

    良く分からないシステムに困惑しながらも、前に続いて当方も座ろうとしたら、何故か当方の前の客が制止されて待ち席に戻されています。戸惑いながらも、取り敢えず着席してセルフで水を汲んできます。何だか不思議な店。。。

    ●つけそば 780円(並 200g)

    RIMG1782-1.jpg

    並200g、中300gともに同料金です。大盛400gで+60円。特盛500gで+120円

    大食漢の方ならば、500gで食べてもジャスト900円。ラーメンならびに辛いつけ麺も用意されています。種類はこの3種類。

    RIMG1783-1.jpg

    サービスで増量できるといっても、残すのは嫌だし、腹が苦しくなるのも嫌なので、並200gを選択。ちなみに、当方以外の客は皆、中盛以上を選択していました。

    RIMG1785-1.jpg

    所々に見える星は全粒粉ですね。麺を噛むと、その独特の香気がします。他にも3種類の小麦粉をブレンドして、計4種類の粉による三河屋製麺の特注麺。

    強力粉と中力粉をブレンドしている食感。まぁ、実際のところは分かりません。自家製麺を良く実施している当方の考察の範疇ですから。香りとコシ、艶のバランスを考えています。かん水臭は若干気になりますが。

    RIMG1784-1.jpg

    このヴィジュアルに何だか違和感を抱きます。センターを仕切る魚粉を境に「あさつき」が投入されていないこと。他のブロガーさんの写真と違うので、ふと思っただけです。

    スープの製作工程を眺めていたら、まず器を用意して、魚粉とタレを投入。スープを注いで更に魚粉。インパクトは十分でしょう。

    RIMG1789-1.jpg

    RIMG1790-1.jpg

    世間での濃厚魚介豚骨系の支持は根強いですね。当方は食傷気味です(笑)

    『BASSO ドリルマン』を踏襲していますが、そこにアレンジが加わります。酸味は控えめ。甘味は砂糖というより野菜によるもの。そして、ベジポタの濃度が高いので、ドロリとしているスープ。

    そこに強烈な鰹節の魚粉の風味が食欲を掻き立てます。おまけに魚粉がスープに溶けだすと、Brix濃度が一気に高まります。太麺との相性も良いので、300gはペロリと食べれるでしょう。かく言う自分は200gで十分ですが(笑)

    RIMG1791-1.jpg

    極太メンマ。塩辛い。醤油の味が全面に出ています。

    RIMG1793-1.jpg

    一度炙られて、短冊に切られているトロトロなチャーシュー。こちらは、適度な味付け。

    本当に、田無はラーメン激戦区。二大巨頭と言われる『麺家 宝』に、この『麺匠 ヒムロク』。この快進撃は、まだまだ続きそうですね。

    ご馳走様でした。

    店名:麺匠 ヒムロク
    住所:東京都西東京市田無町3-9-10
    営業時間:11:30~16:00(スープがなくなり次第終了)
    定休日:水曜日
    (現在変更の可能性あり)


    いつも応援ありがとうございます
    FC2ブログランキング(レストラン・飲食店)へ
    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    濃厚豚骨魚介と二郎インスパイアがラーメン界を席巻していますね。
    そろそろ飽きてきている方も多いはずなので、次の流れが来てほしいです。

    本当は流行に流されず自分の味を出していくのが一番だとは思いますが…。

    2010-06-29 05:31 | from ぽっぷ

    ぽっぷさん

    コメントありがとうございます!

    食傷気味なのは、私が歳をとったからでは無いのですね(笑)
    作り手が、豚骨魚介と二郎がベースになっているだけなら良いのですが、
    それだけがフレームワークになると、インスパイア系で堂々巡りしてしまうのが現実ですね。

    オンリー1よりNo.1を目指す人が多いということでしょう…。
    だったらお前が作れっ!と言われそうなので、あまり強くは言えませんが(笑)

    2010-06-29 09:26 | from ホワイトプルメリア

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/252-e102622a

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。