【限定】麺や 七彩(手摘み新茶の鶏白湯煮込みつけ麺)@都立家政 - 東京ラーメン日和

    【限定】麺や 七彩(手摘み新茶の鶏白湯煮込みつけ麺)@都立家政 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/西武鉄道  »  都立家政(麺や七彩) »  【限定】麺や 七彩(手摘み新茶の鶏白湯煮込みつけ麺)@都立家政

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【限定】麺や 七彩(手摘み新茶の鶏白湯煮込みつけ麺)@都立家政

    訪問日2010.6.11

    RIMG1472-1.jpg

    この日も限定です。。。

    ●手摘み新茶の鶏白湯煮込みつけ麺 1,000円

    RIMG1481-1.jpg

    名称が長いです。6月9日から開始した、雑誌とのコラボ商品。1日限定10食。

    これは食べるしかないと思い、昨日に引き続き訪問してきました。長尾氏にすぐに気付かれ、挨拶をされます。

    見えない食券をポチッと押して、席に座ります。早く来ないかなと心躍りながら待っていると、素敵なヴィジュアルが目の前に。

    RIMG1485-1.jpg

    「新鮮な生茶葉なので、そのままお召上がりいただけます」と長尾氏。続けて、「スープに入れて食べると、香りが引き立ちます」というアナウンス。いつもご丁寧にしていだき、有り難き幸せ<(_ _)>

    新茶の季節。摘みたてと言われなくても、摘みたてと分かるほどに茶葉がやわらかいです。濃い緑色からは強い生命力を感じ、食べるほどに滋養に満ち溢れている味わい。

    優しく香るフレーバーが、鶏白湯の風味とフィットしています。

    RIMG1487-1.jpg

    この鶏白湯スープの中であれば、溺死しても文句無いかも(笑)

    「甘い」。色々な言葉が浮かびますが、まずはこの一言に尽きます。これは鶏による甘さによるものであり、茶葉と同時に食べると、更に「甘さ」の相乗効果が生まれます。トロンとした口当たり。

    RIMG1489-1.jpg

    そして、スッと名残り惜しさも無く、口の中から消えていくものだから切ないです。当然、その後ろ姿を追いかけたくなるのが人の心情です。また、蓮華でスープをすくっては口に運びます。

    でも、最後の楽しみがあるので、この程度で抑えます。

    RIMG1488-1.jpg

    麺を鶏白湯スープと同時に煮込んでいるため、ただでさえ美味しい麺が、更に美味しくなってます。

    味付けされていませんが、塩やつけ汁にも付けずに、このまま全部食べる方がむしろ美味しいです。旨味が最大の調味料になっています。

    RIMG1483-1.jpg

    塩カドが立っているつけ汁。かなり塩分が強め。でも、この椀の中には旨味がギッシリと詰まっています。このまま飲むにはやはり厳しいので、日本蕎麦を食べるように、麺を半分だけ浸して啜ります。

    「不味い」というキーワードから一番遠い味わい。これは好みの問題ですが、スープの中に麺を完全に浸すと、鶏白湯の良さが掻き消されます。でも、鶏白湯との相性は良く、不思議な感覚です。

    スープの具材は大葉と思ったら、今が旬の「おかひじき」です。

    ビタミンやミネラルが豊富ですから、体にも良い滋味溢れる食材。その辺も七彩さんならではの心遣い。張りのある食感が魅力です。

    RIMG1486-1.jpg

    RIMG1491-1.jpg

    麺側には鶏肉が、スープ側には豚チャーシューが入っています。勿論、どちらも甲乙つけ難く、同時に2種類が味わえる贅沢の極み。

    麺が浸っている鶏白湯も熱いですが、スープも椀が持てないほどに熱いです。だから終始、熱いし、暑いです。これを夏に食べると、大変なことになりそうです。

    ●ご飯セット 150円

    RIMG1493-1.jpg

    RIMG1492-1.jpg

    スープを先に平らげてしまうと、この贅沢ができません。知らなければ、全て飲み干すところでした。

    先日、七凪つけ麺を食べているときに、隣の方がオーダーしているのを偶然見ましたので、同様にオーダーすることができました。見知らぬ方に感謝です。

    鶏白湯スープの器を預けて、一呼吸。すると、玉子とじスープになって返ってくる素敵な魔法の言葉「ご飯セット」。

    RIMG1494-1.jpg

    しかも、スープが足されて戻ってきます。「スープを継ぎ足して薄くなっているので、お好みで塩か、つけ汁で味付けして下さい」というアナウンスです。

    甘く、香りが良くて、暫し恍惚状態になります。鼻腔に残った鶏のエレガントな風味だけで、ご飯が何杯でも食べれそうです。

    当方の味付けの選択肢の中に、つけ汁は除外されています。微量の塩を投入。甘味が引き立ちます。赤坂離宮の高級玉子スープも美味しいですが、それすら眼中に入らないほど、旨味とコスパに優れたスープ。

    RIMG1497-1.jpg

    RIMG1498-1.jpg

    最後は雑炊・・・「参りました」。

    ご馳走様でした。

    店名:麺や 七彩
    住所:東京都中野区鷺宮3-1-12
    営業時間:11:30~16:00頃(1日限定100食)
    定休日:第3火曜日
    (現在変更の可能性あり)


    いつも応援ありがとうございます
    ブログランキング(レストラン・飲食店)へ
    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    No title

    コメント・TB有難うございました。
    何を頂いても最高な七彩ですが、このメニューは、
    その中でも最強に感動した一つに数えられます。
    うまかったぁ。ホントーに旨かったです~。^^

    2010-06-15 19:32 | from がぶ

    がぶさん

    コメント&TBありがとうございます!

    これは感動的な美味しさですよね。
    一心不乱に食べるのとはこの事です!

    熱い、暑い!
    でも、そんなのおかまいなしに箸がすすむワケで。
    冬季限定なる理由が分かりますけど(笑)

    本当に旨かったぁ~♪

    2010-06-15 21:27 | from ホワイトプルメリア

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/227-e7346d3b

    麺や 七彩@都立家政 『手摘み新茶の鶏白湯煮込みつけ麺』(157/'10)

    入梅なう。ですか。昨日か一昨日九州梅雨入りのニュースを聞いて、桜前線が如く関東に

    2010-06-15 19:16 | from がぶがぶ君 ラー・つけ日記

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。