こうかいぼう@門前仲町 - 東京ラーメン日和

    こうかいぼう@門前仲町 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/東京メトロ  »  門前仲町 »  こうかいぼう@門前仲町

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    こうかいぼう@門前仲町

    訪問日2010.5.13

    RIMG0874-1.jpg

    椅子の上のバッグと日経新聞は当方のモノです。店に到着した時刻は、14時より少し前。椅子に座って待つことができたのは、それから約10分後。ランチタイムをずらしているのに、約10人近くの行列。相変わらず、人気が衰えません。

    清澄白河駅のすぐ近くに、檀家の寺があり、今では父親も其処の墓地で眠っています。

    幼少の頃、都営大江戸線は未開通でした。門前仲町駅から、親の手を握り、意味も分からず清澄通りをひたすら歩いた記憶があります。歩き疲れて駄々をこねたことを、ふと思い出しながら、この店に辿り着きました。久々の訪問。

    RIMG0875-1.jpg

    日経新聞があるので、時間を潰すのは大して苦ではありません。しかし、待ち席の前には、普段購入しない雑誌が山積みになっているので、自然と興味がそこにいきます。特に、『TARZAN』の「腹を凹ます」という特集に。

    数ページ目を通していると、すぐに案内されます。毎回、こちらが恐縮するほど丁寧な接客の奥様に「大変お待たせしました。カウンター奥から3番目の席へお座りください。」と。自分という存在を、一つ一つ確認してくれるかのように。

    ●カールバーグ(生)400円

    RIMG0877-1.jpg

    カールスバーグの生を注文。周りを見ても、カールスバーグを頼んでいる人は誰もいません。でも、店には偶然「カールバーグの生」が置いてあり、偶然それを注文しただけのこと。何も考えず、時間をかけてゆっくりと飲み干します。

    RIMG0878-1.jpg

    カールスバーグの生を頼むと、ほぐしチャーシューと刻み葱が「お通し」で付いてきます。軟らかくほぐされたチャーシューは、アルコールに合うように、やや濃い味付けが施されています。

    ●らーめん 600円 + 味付玉子 100円

    RIMG0880-1.jpg

    この店のスープは、人を惹きつける魅力があるだけに、もう少し量が欲しいなと思う今日この頃(笑)

    濁っているスープですが、何故か不思議と透明感を感じるのは当方だけでしょうか。

    RIMG0882-1.jpg

    スープのヴィジュアルは、魚粉や油などが浮かんでおらず、至ってクリアな色合い。所謂、豚骨と魚介のWスープ。ここまでは良くある話。ただ、何かが違う。自分は何か大切なモノを見落としているのではないかと。

    「初めは、ちょっと優しすぎるかもしれませんが、食べ進むうちに、深みに気付いてくれるはず。」という張り紙が店内にあります。言葉を借りて言い換えるならば、要はインパクトが薄いということ。

    RIMG0881-1.jpg

    たしかに、強いインパクトは無いかもしれません。しかし、力強い深い味わいは、最初の一口目の余韻から、時差を生じて伝わってきます。張り紙の内容を否定する訳ではないですが、「優しさ=深み」が特長でもあるかと。

    丁寧に作り込まれた味だということが、この一杯を通して切に伝わってくるので、感慨深い思いにさせられます。

    そして、先程の張り紙の後には、こう綴られています。「一日一杯の、みそ汁の如く、栄養になりながら、くせになる。」と。まさしく滋味。この意味を今一度考える。「栄養があって味のいいこと。栄養豊富でおいしい食べ物」。合致します。

    RIMG0883-1.jpg

    丸富製麺に特注のたまご麺。表面がツルツルで摩擦が少なく、スープはゼラチン質が豊富というわけでは無いのに、不思議とスープとの一体感が生まれています。真っすぐなストレート麺は、コシが強い。

    RIMG0884-1.jpg

    脂身は無いチャーシュー。やはり、この一杯の中で一体感を生み出しています。

    RIMG0885-1.jpg

    とろ~り。

    RIMG0886-1.jpg

    ラーメンもカールスバーグも堪能。満足して会計をしようとすると、また優しい奥様と店主が快く送り出してくれます。

    さて、満足感は十分にありましたが、ずっと食べ続けることが可能なほど底なしの味わいなだけに、まだまだイケる感じでした。そこで、歩いて行ける距離の連食を。『麺屋 吉左右』。少し早歩きで、20分強で到着。

    時計の針は、閉店間際の14:50。ざっと、約20人の行列。。。「おいおい、ちょっと待てっ」と、心の中だけで軽くツッコミを入れ、店の前をスルーして、木場駅から東西線に乗りました。

    ご馳走様でした。FC2 Blog Ranking(レストラン・飲食店)へ

    店名:こうかいぼう
    住所:東京都江東区深川2-13-10
    営業時間:(平日)11:00~15:00 17:30~売切れまで(18:30頃)
         (土・日・祝日)11:00~売切れまで(15:00頃)
    定休日:水曜日 第一・第三日曜日
    (現在変更の可能性あり)

    >>人気飲食店ブログランキングへ
    大きい写真は東京ラーメン.comへ




    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    レポに惹かれて

    いつも楽しく拝読させていただいています。

    行ってきました「こうかいぼう」。
    評価納得の高次元バランスらーめん。
    ゼラチン質など濃密さの感じ方が違うような気がして、興味深い。

    2010-05-17 20:47 | from キース

    キースさん

    コメントありがとうございます!

    >いつも楽しく拝読させていただいています。
    とても嬉しいです~♪

    おっしゃる通り、ハイレベルでまとまった完成度の高いラーメンです。
    いつまでも堪能していたい気分にさせられる、不思議な魅力の虜にさせられました~。

    2010-05-17 21:56 | from ホワイトプルメリア

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    2012-06-25 16:40 | from -

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/187-ef64a13e

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。