麺創研 かなで@府中 - 東京ラーメン日和

    麺創研 かなで@府中 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/京王電鉄  »  府中 »  麺創研 かなで@府中

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    麺創研 かなで@府中

    訪問日2010.5.6

    RIMG0717-1.jpg

    宿題店のうちで、どうしても訪問したかった店。交通の便宜上、なかなか京王線に乗る機会が無かったので後回しに。でも言い訳をして、できないことを正当化するのは、やろうとしていないだけのこと。では、行こう。

    電車を3回乗り継ぎ、正味1時間以上は軽く超えて府中駅に到着。やはり遠い。駅近ですが、発見できるかどうか不安です…。

    RIMG0716-1.jpg

    と思ったら、そんな不安をものともせず、遠くからでも発見できる立看板が。しかも、道の中央に堂々と置いてあります。

    訪問願望が取り立てて強かった理由は、当方が自作ラーメンを本気で始めるきっかけを作ってくれた方が立ち上げた店なので。店主は「にゃみ」というHNで、ブログに自作状況等を掲載されていました。それに感銘を受けたというのが一連の流れ。

    RIMG0729-1.jpg

    店内はシンプルな造り。余計なモノは全て削ぎ落とし、必要なモノ以外は一切置いていないというように。その答えは単純明快で、店主は何が必要で、何が必要でないかを完全に熟知していることを示しています。

    「やれやれ」。そう思います。入店して店内を見回した瞬間、ゾクッとするような期待感を肌で感じ取れます。天才的な職人がいそうな予感。以前にも似たような感覚。『RAMEN CiQuE』のときと同じです。

    整理整頓された厨房、適度なスペース、今からラーメンを食べるという雰囲気を、良い意味で壊してくれる綺麗なカウンター。お冷は、丸く削られた氷が入れられた後、水が注がれます。西麻布のバーでベーシル・ヘイデンを飲むかのように。

    RIMG0718-1.jpg

    「味玉がさらに美味しくなりました!!」。ならば頼みましょう。

    RIMG0719-1.jpg

    種類が豊富で、なおかつ5月限定の「坦々つけ麺」にも惹かれますが、やはり…

    ●支那そば 700円 + 味玉 100円

    RIMG0720-1.jpg

    まずは、スープを小鍋に移して加熱、麺を茹で始め、チャーシューを一枚切り落とします。保温された器にスープを注ぎ、しっかりと湯切りを行った麺をスープの中で泳がすかのように、トングで何度も丁寧に折りたたみます。

    RIMG0722-1.jpg

    穂先メンマを中心から外に向かって弧を描くように2本置き、チャーシューと対極の位置に、直前で軽く温めた味玉を沈めます。青葱を中心に盛り付けたとき、多少崩れましたが、それはしっかりと固定の位置に戻し、最後に琥珀色の鶏油を一周落として完成。

    一連の動作に無駄が無く、そして実に丁寧。

    RIMG0721-1.jpg

    まるで生きているかのように、器の中で所狭しと動く黄金色の水玉、それは鶏油。

    RIMG0724-1.jpg

    スープを飲んで戦慄が走り、麺を啜ってはゾクッとした震えを感じる。両者に共通することは、旨いということ。

    厨房にふと視線を移して、そこに目に映った光景は、寸胴鍋の中に丸鶏を4羽継ぎ足して入れている瞬間。これから来る濃厚な鶏の旨味。しっかりとした濃厚さがあるのに、飲み口は意外にもシャープ。コクが十分にあるのに対し、それに拮抗してキレも十分。

    醤油ダレは控えめ。でも、これの方が鶏を十二分に堪能できます。そして、嫌な脂っこさは感じません。だからこそ、全てのエキスをしゃぶりつくしたい気にさせられる。そこはかとない旨味の深みに、吸い寄せられるように。

    RIMG0726-1.jpg

    ストレートの細麺。ディテールにこだわりを持つ店主のセンスが光ります。スープをコーティングした麺は、何の違和感も無く、体に吸収されていきます。噛んで良し、啜って良し、口の中で転がしても良しと色々な味わい方があります。

    小麦の香ばしさは、格別の風韻が口の中で優しく残ります。それは、何故か無性にはかなさを伴うほどに。スープとの一体感は見事。

    RIMG0725-1.jpg

    決して厚みは無いが、面積は非常に広いチャーシュー。ミルフィーユの皮を一枚削いだ感じです。

    存在感を敢えて隠しているのではないかと疑うほど。淡白ですが、噛むことに不思議と肉汁が溢れ出てきます。一見派手さの無いように思えるチャーシューの薄さからは、想像できません…どこにその肉汁が隠れているのだろうと。

    RIMG0728-1.jpg

    最小限の味付に留められた味玉。むしろ、さっぱりとした自然な味わい。それは、玉子に滋味を感じさせられます。

    RIMG0730-1.jpg

    これは全種類食べるしかないですね。1時間以上かけて来た甲斐があるというものです。

    ご馳走様でした。FC2 Blog Ranking(レストラン・飲食店)へ

    店名:麺創研 かなで
    住所:東京都府中市宮町1-12-9
    営業時間:11:00~24:00
    定休日:年中無休
    (現在変更の可能性あり)

    >>人気飲食店ブログランキングへ
    大きい写真は東京ラーメン.comへ


    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    No title

    ホワイトプルメリアさん
    ご訪問 今後もよろしくお願いいたします綿糸有り難うございます。

    ポチッと応援させて頂きました。

    ここのラーメン 美味しそうです
    素敵なお店紹介ですね

    2010-05-08 18:09 | from ryuji_s1 | Edit

    ryuji

    コメントありがとうございます!

    こちらこそ、 ryujiさんのサイトは楽しく拝見させていただいております♪

    ちなみに、ここのラーメンはかなり美味しいですよ~。
    応援ありがとうございますっ!

    2010-05-08 20:36 | from ホワイトプルメリア

    No title

    コメントありがとうございました。

    支那そばはまだ食べられていませんが、限定に弱い身としては行くと何かしらやっている限定をオーダーしてしまうんですよねぇ。。。

    次こそは、支那そばをオーダーできるようがんばります(笑)

    2010-05-11 09:11 | from somenman

    somenmanさん

    コメントありがとうございました!

    限定という響きに弱いのは、somenmanさんだけでは無いですよ。ここにも一人(笑)
    かなり迷いながらも、デフォを頼み、次は必ず限定を頼むパターンです~。

    それにしても、ここは何度も通いたいという気持ちにさせられる店ですね。

    2010-05-11 10:03 | from ホワイトプルメリア

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/177-25d55ef4

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。