鶏そば専門店 前略っ。まるきゅう@池袋 - 東京ラーメン日和

    鶏そば専門店 前略っ。まるきゅう@池袋 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/JR東日本  »  池袋 »  鶏そば専門店 前略っ。まるきゅう@池袋

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    鶏そば専門店 前略っ。まるきゅう@池袋

    訪問日2010.5.2

    RIMG0600-1.jpg

    長い店名。『塩そば専門店 まるきゅうらあめん』の2号店としての扱い。ここに来れば、『塩そば専門店 まるきゅうらあめん』の土曜限定メニュー「鶏塩そば」を、いつでも味わうことができます。

    線路挟んで反対側は、電気街が連なる賑やかな通り。でも、こちらの通りは、池袋と言われなければ分からないほどに閑散としています。GWということもあってか、ほとんど人が歩いていません。

    RIMG0585-1.jpg

    ピカピカのガラス張りの店。ここまで店内の様子が良く見えると、入りやすいです。外から見る限り、奥行きのある広い店内からは、ゆったりとしたスペースがある雰囲気が伝わってきます(実際その通りですが)。

    RIMG0586-1.jpg

    「鶏そばの美味しい召し上がり方」。こういうイラスト入りの食べ方があると、つい眺めてしまいます(笑)

    ●濃厚鶏太そば 850円

    RIMG0589-1.jpg

    元気の良い安澤店主と一緒に同じくらいパワフルなラーメンが登場。白濁したスープは、何も言わずとも濃厚さを物語っています。

    RIMG0592-1.jpg

    大山地鶏ともみじをたっぷり使用してガンガン煮込んだスープは、ヴィジュアル通りの濃厚さ。コラーゲンたっぷりで、翌朝は肌がプルンプルンになっていそうです。鶏の臭みはどこに行ったのやら。

    ずっしりと重みのあるクリーミーなスープに魚粉が交わることで、より鶏の旨味が浮き出てきます。

    RIMG0593-1.jpg

    鶏のスープだけに目を奪われがちですが、この太麺も魅力の一つ。『BASSO ドリルマン』の麺を使用。「まるきゅうらあめん」をリスペクトしているバッソの品川店主が提供しています。

    屈強な歯ごたえ、強烈な小麦の風味のこの麺でなければ、このスープに太刀打ちできないという出来栄え。絶妙な絡み具合です。

    RIMG0591-1.jpg

    RIMG0594-1.jpg

    薄く切られた一片の柚子が、意外にもスープの中で香りの面で一役買っています。そして、シャキシャキと新鮮な生玉葱は、単調な濃厚さの一辺倒にならず、一つのアクセントに繋がっているので飽きずに堪能。

    レトロな装飾で統一された店内で、昔にはない特長を持つラーメン。このギャップがまた良いですね。

    ご馳走様でした。FC2 Blog Ranking(レストラン・飲食店)へ

    店名:鶏そば専門店 前略っ。まるきゅう
    住所:東京都豊島区池袋4-26-11 中本ビル1F
    営業時間:(月~土)11:30~16:00 17:00~23:00
         (日・祝)11:30~16:00 17:00~20:00
    定休日:無休
    (現在変更の可能性あり)

    >>人気飲食店ブログランキングへ
    大きい写真は東京ラーメン.comへ


    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/175-4e60a8e8

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。