最近ふと思うこと(3) - 東京ラーメン日和

    最近ふと思うこと(3) - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  管理人の部屋  »  独り言 »  最近ふと思うこと(3)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    最近ふと思うこと(3)

    独り言です。

    プロフェッショナル。対義語はアマチュア。この二つの決定的な差は何か。

    特定の分野において専門的知識や技術を持っているか否か。たしかに、その意は含まれるでしょうが、決定的な差はフィー(報酬)を得て、それに見合うだけのパフォーマンスができるかどうかだと思います。

    特に比較対象に挙げられるのが、プロスポーツ選手でしょう。一般のサラリーを遥かに凌ぐ、むしろ一生身を粉にして働いたところで、一般人では得ることのできない金額。でも、その金額に見合う働きができなければ、容赦なく切り捨てられます。

    何もこれは、スポーツの世界に限ったことではありません。

    私のように、会計や税務を取り扱っている職種でも、フィーを得ている以上、それに見合うだけの仕事をする、つまりプロフェッショナルである自覚を常に持っています。

    状況は時間とともに刻々と変化します。だからこそ、柔軟な対応が求められます。

    さて、何の話かといえば、サービス業もある意味、プロフェッショナルである必要性を感じているということです。フィーを得ているのだから、それに見合うだけの仕事をする。

    客が無意識に判断していることがあります。ラーメン一杯600円。でも、酷い接客対応をされたら、その店には二度と足を踏み入れることはないでしょう。逆に、一杯800円。気持の良い接客をされたら、再訪しようと思うことでしょう。

    この200円の差。店側(フィーを得る側)は「頭を使って考える」必要があるのでは。独り言にしては、偉そうなことを並べているように思われているかもしれません。

    ただ単に、今まで学んだことを模倣しているだけでは意味がありません。一つ一つの物事の意味、そして最終的に目指すモノは何かを考えれば、おのずと今何をすべきか、また何をしなければいけないかが見えてきます。

    接客のための接客でしょうか。たしかに、接客が良いというのは、サービス業で大変重要なことです。でも、接客のために接客をしていては意味が無いと思います

    なぜ、接客に力を入れるのか、それはお客様に対して気持ち良く食事をしていただき、「美味しかったし、とても感じの良い店だね。また来るよ。」という言葉が欲しいという目的の元に成り立っているのでは。目的が明確であれば、筋道が立てられます。

    当然、この独り言は万人に通用するとは思っていません。ただ、少なくとも目的が分からずに、ただ手をつけていたところで、それは見かけだけのモノであり、すぐにメッキが剥がれてきます。

    プロフェッショナル。今一度、考えてみる必要がある言葉なのかもしれません。

    最後に。この長い独り言は、決して同調を求めている訳ではありません。そのため、コメント欄を設けていないことをご了承ください。


    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。