大木屋@日暮里 - 東京ラーメン日和

    大木屋@日暮里 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  グルメ/首都圏  »  大木屋(日暮里/市ヶ谷) »  大木屋@日暮里

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    大木屋@日暮里

    訪問日2010.4.9

    RIMG0131-1.jpg

    芸能界一の肉好きと評される寺門ジモン監修のこの本。書店で立ち読みしたことがあります。おそらく、ここに掲載されている店に訪問する機会はないだろうと、そのときは何となくそう思いました。

    そもそも、こんな表紙の様な肉を出す店、存在しないでしょう。

    RIMG0105-1.jpg

    RIMG0103-1.jpg

    RIMG0102-1.jpg

    RIMG0106-1.jpg

    …あった。しかし、これはかなり小さい方。何故なら、予約の人数で肉の厚さが変化します。当初、5人での予約でしたが、急遽来れなくなった方がいたので、4人での会食になりました。表紙の肉はこの店。

    MAXの厚さだと煙草の箱と同じ長さになるそうです。横幅?いえいえ、立幅です。

    この日はブロガー仲間のT・SHOJIさんのお誘いをいただき、もんじゃと肉で有名だけど、巷では深く浸透されていない店に訪問。

    RIMG0096-1.jpg

    分かりにくい路地を入っていき、T・SHOJIさんが店を発見した模様。

    「はい?」。当方には全く見えませんが。それとも、馬鹿には見えない裸の王様なのでしょうか。とにかく、指差す方向へ歩を進めます。

    RIMG0097-1.jpg

    …普通気付かないです。

    RIMG0129.jpg

    RIMG0130-1.jpg

    昭和の迷路に足を踏み入れました。

    店主含めて従業員が3名。肉を触りに来たり、味付だけをするために様子を見に来ます。それ以外は基本セルフ。肉を切るときだけは、従業員の方が実施してくれました。

    「ガスを着けて」とか「みんなで素早くかき混ぜて」と指示が遠方から飛んできます。飲み物は自分で取りに行くセルフ。たしかに店内の張り紙には、人件費削減のためにセルフでとの旨が。

    でも、狭い店内に従業員3人もいますが、皆ほどんど動いていませんけど(笑)

    RIMG0100-1.jpg

    火加減を大にしたり、小にしたりと指示が飛んできて自分で調節。

    RIMG0098-1.jpg

    RIMG0099-1.jpg

    まずは鰹、玉葱、紫蘇をポン酢で和えた一品。量が多い。鉄板の上で食べます。取り皿という概念は存在せず。一つの皿に、皆がハイエナのように群がって食べます。これを食べ終わらないと肉が出てこないので、ペロッと平らげます。

    RIMG0111-1.jpg

    RIMG0113-1.jpg

    RIMG0114-1.jpg

    で、さっきの肉に繋がるわけです。味付はシンプルに塩胡椒のみ。切られた肉は、その周りで焼いた大蒜と絡めて食べます。この旨さは半端ではない。肉がとにかく新鮮。レアの状態でいただくのですが、軟らかくて旨味が凝縮。

    皆、酒を飲むのを完全に忘れています。それだけに美味しい。ライスも欲しくなりましたが、このまま肉を永遠に食べ続けても全く飽きません。こんな肉は初めてかも…。

    RIMG0117-1.jpg

    RIMG0120-1.jpg

    RIMG0115-1.jpg

    RIMG0116-1.jpg

    続いて、葱と帆立の焼き物。シンプルに醤油を少し垂らすだけ。新鮮な葱と帆立。特に帆立は肉厚で、一口で頬張ると火傷します。半狂乱になりながら、皆黙々と目の前のフードを胃袋の中におさめていきます。

    RIMG0121-1.jpg

    RIMG0122-1.jpg

    RIMG0123-1.jpg

    意味不明。当方が知る限り一番大きいサイズのアルミボウル。その中には、大量の「もんじゃ」が入っています。とても、一度で焼くことは不可能なため、二回に分けて焼くよう指示されます。

    RIMG0124-1.jpg

    RIMG0125-1.jpg

    RIMG0126-1.jpg

    RIMG0127-1.jpg

    ダムが決壊した土石流のような「もんじゃ」。でも、決して大味ではなく、味付は濃すぎない丁度良い塩梅。ちなみに、これは一回目。この後に、同量のもんじゃを焼いたことは言うまでもありません。

    本当は最後に「巨大メンチカツ」が来る予定でしたが、5名が揃わないと提供はしないと、店員にはっきりと断られ幻となりました。でも、再訪して次こそはメンチカツを!

    これで一人約3,800円。安すぎでしょう。

    RIMG0095-1.jpg
    ISO1600。

    店を出ると、辺りは暗くなっています。すぐ近くには「谷中ぎんざ通り」。酔い覚ましに、少し通りを歩こうと皆でブラリ。

    RIMG0135.jpg

    RIMG0133-1.jpg

    カフェをしようと、路地裏で偶然発見したショップに交渉しましたが、人数的にも時間的にも難しいようでしたので退散。

    RIMG0134-1.jpg

    谷中ぎんざを抜けると、寂しい通りに。来た道を引き返し、結局ルノワールで休憩。

    RIMG0138-1.jpg

    夜桜も綺麗な輝きを放っていました。

    この店は時間にルーズな方を非常に嫌います。完全予約制なので、予約時間には確実に全員揃うようにするようにした方が良いです。でも、当方は待ち合わせ時間ジャストに到着。危なかった…。

    ご馳走様でした。FC2 Blog Ranking(レストラン・飲食店)へ

    店名:大木屋
    住所:東京都荒川区西日暮里3-13-5
    営業時間:(月~土)17:00~22:30
         (日曜日)16:00~21:30
    定休日:不定休
    (現在変更の可能性あり)

    >>人気飲食店ブログランキングへ
    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    No title

    1年半ほどこの界隈に住んでいたのでちょっと懐かしいです。

    大木屋はそのうち行こうと思いつつ行けず仕舞いです。。
    5人集めて行かねば!

    2010-04-11 16:29 | from somenman

    somenmanさん

    コメントありがとうございます!

    この周辺は下町の情緒溢れる落ち着いた街で、実に素敵ですね。
    そのような場所に住まれていたsomenmanさんが、更に素敵です♪
    友人が鴬谷に住んでいるので、この辺りは来る機会が良くあるのですが、雰囲気があるので大好きです。

    大木屋は、友人ブロガーからのお誘いを受けて行きました。
    ボリュームが凄かったですね~。5人以上集めれば、更にbigな肉の塊に出会えるそうです(笑)

    もし行かれる時は、迷惑でなければ社交辞令なしで、5人のうちの一人に加えて下さい。
    一度お会いしたいので~。FILEさんからは、somenmanさんは好青年と伺っています♪

    2010-04-12 08:42 | from ホワイトプルメリア

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/138-056c880c

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。