塩そば専門店 まるきゅうらあめん@池袋 - 東京ラーメン日和

    塩そば専門店 まるきゅうらあめん@池袋 - 東京ラーメン日和

    東京ラーメン日和 ホーム  »  スポンサー広告 »  ラーメン/JR東日本  »  池袋 »  塩そば専門店 まるきゅうらあめん@池袋

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    塩そば専門店 まるきゅうらあめん@池袋

    訪問日2010.4.1

    IMG_2245.jpg

    2005年4月1日オープン。奇しくも、5周年目(店先には特別明記されていませんでしたが)に、足を踏み入れました。1年ぶりぐらいの再訪。この日は風が強く、店の立て看板が飛ばされていました。勿論、店員には報告済。

    その立て看板には「塩そばしかございません すみません」の文字。裏通りに面しているため、実に分かりにくい場所に位置しています。

    IMG_2244-1.jpg

    店外に置かれている食券機で食券を購入。メニュー構成は至ってシンプル。

    テラスともいえるのではないかのような造りのカウンター席。先客が5名。

    ●塩そば 700円

    IMG_2246-1.jpg

    研ぎ澄まされたヴィジュアル。外からの光を浴び、黄金色に輝く眩しいスープ。

    IMG_2249-1.jpg

    蓮華ですくってみても分かる透明度。動物系は安曇野地鶏を使用しており、豚骨は不使用。塩はアンデス産とモンゴル産の2種類で構成されています。スープの色同様に、シャープで淡麗な味わい。カドが若干立っていますが、想定の範囲内。

    鶏油が所々に浮遊していますが、フィニッシュが軽い。強さはないので、ダシと塩の甘味を堪能。

    IMG_2251-1.jpg

    IMG_2252.jpg

    店先に積まれていた麺箱。以前訪問したときは、記憶が定かではありませんが浅草開花楼の麺を使用していたと思います。現在では『BASSO ドリルマン』の麺を使用しているのでしょうか。

    ただ、この店の塩つけ麺専門店の『前略っ。つけそばまるきゅう』では『BASSO ドリルマン』の麺を使用しています。

    スープの邪魔をしないストレート麺。博多麺に近い物を感じます。口の中に小気味よく吸い込まれていく喉越し。これだけ細いのに、噛むと小麦の香り高い風味が鼻腔から抜けていきます。

    IMG_2250-1.jpg

    厚みこそ無いですが、国産豚を使用したチャーシューは炭火でじっくりと炙られており、周りはカリッとした食感で、中心部分は軟らかく、肉の旨味を凝縮された味わい。

    この目立たない場所で、かつ池袋という地で五年目を迎えた店は数少ないことでしょう。おめでとうございます。

    ご馳走様でした。FC2 Blog Ranking(レストラン・飲食店)へ

    店名:塩そば専門店 まるきゅうらあめん
    住所:東京都豊島区東池袋1-27-5
    営業時間:11:00~スープ切れまで
         火~金(夜の部あり)17:00~22:00(変更が度々あるので要確認)
    定休日:無休
    (現在変更の可能性あり)

    >>人気飲食店ブログランキングへ


    関連記事

    記事がお役に立てば、このブログへの応援をお願いします!
     現在ブログランキングに参加中です。
     クリックしていただけると、ポイントが加算され、ランキングの順位が上がります。
     極力多くの方々に閲覧していただき、美味しいラーメンの発見をしてもらいたいと考えています。
     クリックのご協力お願いします。
    人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking にほんブログ村 グルメブログへ

    5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

    何かございましたら、ホワイトプルメリア宛にお気軽にご連絡ください。
    コメント
    非公開コメント

    人気ブログランキングへ

    トラックバック

    http://happynoodle2.blog109.fc2.com/tb.php/132-0e0d5c8a

    キャッシングリファレンス
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。